女性は秋、鬱になりやすい?予防と対策で楽しい秋を!

こんにちは!キラキラ独女(笑)のゆうです!


最近めっきり涼しくなってきましたね~

楽しい夏がはじけてなんだか心も寒いですよね






私も最近あまりいいことがないもので、

自分の人生これでいいのか?!

なんて思ってあわててみたりすることもあったのですが、


人生なんていいことがあったり悪いことがあったり

うまくいかないことばっかり

だけどたまたま見つけたケーキ屋さんの

モンブランが最高においしくて幸せ!!

って感じなんですよね(笑)


しかし、そんな風に身を任せていると、

深刻な気分の落ち込みを抱えることになるかもしれません。

特に女性は鬱っぽくなりやすいので。

季節性の鬱病が急増する秋には、

予防を心がけることが大事です★


では、なぜ秋は鬱になりやすいのでしょうか?

精神病は私の研究の専門領域でもあるので、

今日はその原因と予防・対策について紹介します。


【秋に鬱になりやすい原因】

①セロトニン量の変化

 秋は夏場と比べて日照時間が減ります

 それにより、脳内物質のセロトニン量が減ります。

 鬱病を改善するのにも、

 このセロトニンを増やすための薬が用いられ、

 セロトニンの欠如は直接的に

 鬱っぽさやうつ病発祥の原因となります。

 よって、夏場から冬場にかけてぐっと日照時間が減るために

 秋から冬にかけて鬱になりやすいのです。


②体内時計の乱れ

 日照時間が変化することにより、体内時計にも

 乱れが生じます。

 夏場は明るい時間に帰宅をしていたのに

 同じ時間でもあたりが暗くなっており、

 同じ時間、同じ場所にいるはずなのに

 体と環境がずれてしまっているのです。

 体が日差しの明暗に同調できなくなることで

 体の睡眠と覚醒をつかさどる生理機能に影響し、

 だるさや眠さにつながり、気分が落ち込んでしまいます。


【秋鬱の予防と対策】

秋から冬にかけて鬱や鬱っぽくならない予防には、

セロトニンを生成させることのできる生活をします。


具体的には、セロトニンを生成するのに必要となる栄養素、

タンパク質やビタミン、ミネラルをきちんと摂取する、

つまり栄養バランスの良い食事をきちんととること


また、朝起きたらまず日の光を浴び

セロトニンを生成させること


そして、鬱っぽくなってしまった対策としては、

軽い運動をしてドーパミンを分泌させ、

セロトニンの減少によって落ち込んだりイライラしたりする

症状を緩和させます。


また、夕方などは早く暗くなってしまいますが、

部屋の中でもいいので明るくして過ごします。


どうしてもイライラしたり落ち込んだりがつらいときは

恋人や友人など信頼できる人に

自分の気持ちを話してください。

その人が受け止めてくれるということが

気持ちを楽にしてくれます。


個人的にはペットをなでたりするのもおすすめです(笑)


女性は特に、鬱っぽくなりやすいです。

ただでさえ、ホルモンバランスの変化で毎月つらい方も

いらっしゃると思いますが、その上季節が変わるごとに

気分が落ち込むなんて冗談じゃないですよね(笑)



おいしいものを食べて、

外に出て日の光を浴びて、

友人や恋人と仲良くして、


うんと自分を甘やかして、

楽しいウーマンズライフをお送りください!




私も今日は友人とタイ茶漬けを食べてきました。

ガールズトークをしながらのおいしいご飯は

何よりのストレス発散です(笑)


unnamed.jpg


好きなものを、好きな人と、好きなだけ食べる、

そんな秋を過ごしたいと思います★






この記事へのコメント